独学における正しい教材の選び方

*

独学における正しい教材の選び方

社会保険労務士試験の独学に必要な教材とは?

前のページで、通学・通信講座にあって独学にないのは「講義」と「カリキュラム」だと述べましたが、最初の段階では「教材」もまた、独学にはありません。
通学・通信講座を受講すれば、学習に必要な教材がセットでもれなく付いてくるわけですが、独学の場合には一からすべてそろえなければなりません。


教材

社会保険労務士試験の独学に必要な教材は、①テキスト、②問題集、③模試、④法改正講座の4つです。それぞれの選び方のポイントについて、以下にまとめてみたいと思います。

①テキスト
独学においては、このテキストが講義の役割を果たすことになります。その意味でも、「読みやすさ」「分かりやすさ」というのは絶対に必要な要素となります。
とは言っても、微に入り細にわたって解説しているようなテキストでは分量も多くなり、限られた時間のなかで「反復学習」するのには向きません。図表やイラストを上手く使って簡潔に説明しているテキストを選ぶと良いでしょう。

②問題集
社会保険労務士試験の膨大な試験範囲のうち重要な箇所とそうでない箇所を見極める際には、過去問を活用するのがいちばんです。そのため、問題集としてはまず過去問を用意する必要があります。
その他の予想問題集の類に関しては必須ではありませんが、あえて購入する場合には、テキストと同シリーズのものを選ぶと、インプット学習とアウトプット学習の連携が図りやすくなります。

③模試
独学で社会保険労務士試験に挑戦する人も、資格の学校が主催する模試を最低でも1回、できれば2回は受験するようにしましょう。模試の有効な活用の仕方については、別ページで改めて解説します。

④法改正講座
独りで学ぶ独学でいちばん怖いのが、途中で挫折してしまうこと。そして次に怖いのが、最新の情報が得られないことです。特に法改正情報については、知らなければ決して正解することはできません。独学であっても、法改正講座などの必要な講座は適宜受験するようにしましょう。

独学における正しい教材の選び方 関連ページ

一般常識科目の概略と攻略法
社会保険労務士試験における一般常識科目とは? 社会保険労務士試験における一般常識科目は、「一般常識」という名前 […]
健康保険法・厚生年金保険法・国民年金法の概略と攻略法
健康保険法の概略と攻略法 【概略】 労災保険法が業務上の疾病・負傷に対する給付について定めた法律であったのに対 […]
労災保険法・雇用保険法・労働保険料徴収法の概略と攻略
労働者災害補償保険法の概略と攻略法 【概略】 業務上の疾病(業務災害)や通勤途中の災害(通勤災害)に対する補償 […]
労働基準法・労働安全衛生法の攻略法
社会保険労務士試験の試験科目 社会保険労務士試験は独学での合格が難しい試験だと言われていますが、その理由のひと […]
社会保険労務士試験における選択式試験の特徴と攻略法
選択式試験の特徴 社会保険労務士試験は、午前の択一式試験と午後の選択式試験の二部構成となっています。このページ […]
社会保険労務士試験における択一式試験の特徴と攻略法
択一式試験の特徴 社会保険労務士試験は、午前の択一式試験と午後の選択式試験の二部構成となっています。このページ […]
模試を受験するメリットと受験上の注意点
模試受験のメリット 模試も、広い意味で言えば、過去問演習などと同じようにアウトプット学習のひとつではあるのです […]
独学における問題集の解き方のポイント
問題集を解くことの目的は「問題を解くこと」だけではない 表題にある「問題集を解くことの目的は『問題を解くこと』 […]
独学におけるテキストの読み方のルール
ルール①:マーカーペンは使うな! テキストを読む際、かたわらにカラフルなマーカーペンを複数用意して、ラインを引 […]
独学における正しいカリキュラムの作り方
通学・通信講座にあって独学にないものとは? ここまでは、学習時間と学習効果の関係や、記憶のメカニズムなど、どち […]