独学における問題集の解き方のポイント

*

独学における問題集の解き方のポイント

問題集を解くことの目的は「問題を解くこと」だけではない

表題にある「問題集を解くことの目的は『問題を解くこと』だけではない」という言葉を聞いて、クエスチョンマークが頭に浮かんだ人も多いかと思います。
しかし、問題集を解くことの目的には他にもいろいろあって、それらを理解しないことには、真に問題集を有効活用することはできません。


問題集

まず、問題集を解くことの目的には「現時点での実力を確認する」というのがあります。
テキストを読んでいるときにはわかったつもりになっていた事柄も、実際に問題が解けなければ、それは本当に理解できたことにはなりません。

現時点での実力を確認することは、今後の学習方針や進度を決める際にも不可欠ですので、学習の早い段階から、かつ定期的に問題集を解くことで、常に自分の立ち位置を把握するように心がけましょう。

ただし、たとえ問題が解けなかったとしても、その結果に落ち込む必要はまったくありません。むしろ大事なのは、解けなかった問題が社会保険労務士試験本番までに解けるようになることです。その意味では、解説部分を読むことで、誤って覚えていた知識を修正したり、不十分だった知識を補足したりすることもまた、問題集を解くことの重要な目的のひとつとなります。

また、誤った知識を修正したり、不十分だった知識を補足したりするだけでなく、正しい知識を記憶として定着させる効果もあります。「反復学習」を行うことで、その効果はさらに高まることでしょう。

そして、問題集を解くことで身につくのは知識ばかりではありません。問題文の読み方や、複数の選択肢からの正解の絞り方といった解答上のテクニックも同時に身につくことになります。テクニックを身につける上でも「反復」が必要であることは言うまでもないでしょう。

最後に、問題集を解く際には、ただ漫然と解いてはいけません。特に過去問の場合には、テキストのどの部分が、どの程度の頻度で、どのような形で出題されているのかを把握することで、次にまたテキストを読み返す際に、ポイントを絞った学習が可能になります。

独学における問題集の解き方のポイント 関連ページ

一般常識科目の概略と攻略法
社会保険労務士試験における一般常識科目とは? 社会保険労務士試験における一般常識科目は、「一般常識」という名前 […]
健康保険法・厚生年金保険法・国民年金法の概略と攻略法
健康保険法の概略と攻略法 【概略】 労災保険法が業務上の疾病・負傷に対する給付について定めた法律であったのに対 […]
労災保険法・雇用保険法・労働保険料徴収法の概略と攻略
労働者災害補償保険法の概略と攻略法 【概略】 業務上の疾病(業務災害)や通勤途中の災害(通勤災害)に対する補償 […]
労働基準法・労働安全衛生法の攻略法
社会保険労務士試験の試験科目 社会保険労務士試験は独学での合格が難しい試験だと言われていますが、その理由のひと […]
社会保険労務士試験における選択式試験の特徴と攻略法
選択式試験の特徴 社会保険労務士試験は、午前の択一式試験と午後の選択式試験の二部構成となっています。このページ […]
社会保険労務士試験における択一式試験の特徴と攻略法
択一式試験の特徴 社会保険労務士試験は、午前の択一式試験と午後の選択式試験の二部構成となっています。このページ […]
模試を受験するメリットと受験上の注意点
模試受験のメリット 模試も、広い意味で言えば、過去問演習などと同じようにアウトプット学習のひとつではあるのです […]
独学におけるテキストの読み方のルール
ルール①:マーカーペンは使うな! テキストを読む際、かたわらにカラフルなマーカーペンを複数用意して、ラインを引 […]
独学における正しい教材の選び方
社会保険労務士試験の独学に必要な教材とは? 前のページで、通学・通信講座にあって独学にないのは「講義」と「カリ […]
独学における正しいカリキュラムの作り方
通学・通信講座にあって独学にないものとは? ここまでは、学習時間と学習効果の関係や、記憶のメカニズムなど、どち […]